« TracのチケットをMS-Projectのタスクへ変換しガントチャート/カレンダーを表示 | トップページ | Tracチケットの親子関係について考える »

2008年11月24日 (月)

MS-ProjectのVBAを使ってガントチャートをTracのDBから作る手順

  以前にアップしたファイルをMS-Project 2007でうまく動かなかったため修正したものをアップします。実行確認のための手順は次のようになります。

  1. ODBCドライバのインストール
  2. MS-ProjectでADOを使えるように
  3. VBAのファイルをダウンロード
  4. VB Editorでファイルのインポート
  5. ファイルの修正
  6. 実行
  7. 確認

1. ODBCのインストール

SQLiteの場合はSQLite ODBCからドライバをダウンロードしインストールします。

MySQLの場合は検索してください。

2. MS-ProjectでADOを使えるように

VB Editorを開きます

P1_2

参照設定ダイアログを開く

P2

ADO Libを選択します。よくわかりませんが一番新しそうなものを選びます。

P3

3. VBAのファイルをダウンロード

「Module1.bas」をダウンロード (SJIS,CR+LF)

テキストファイルなのでエディタで開き問題ないか確認してください。

4. VB Editorでファイルのインポート

ダウンロードしたファイルをインポートします。

P4

ダウンロードしたファイルを選択します

P5

5. ファイルの修正

インポートしたモジュールを選択しダブルクリックしファイルを開く

P6

DBファイルのありかとTracのWebアドレスのベース部分を設定します。

P7

6. 実行

ProjectOpenサブルーチンにカレットを置き、マクロの実行ボタンを押します。

P8_2 

7. 確認

これには計画を入れていないので、基準計画が表示されていないのと、タスク名とリソース名を隠してあるのでイメージがわかないかもしれませんが、出来上がったガントチャートはこうなりました。

P9_2

|

« TracのチケットをMS-Projectのタスクへ変換しガントチャート/カレンダーを表示 | トップページ | Tracチケットの親子関係について考える »

Trac」カテゴリの記事

MS-Project」カテゴリの記事

VBS」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MS-ProjectのVBAを使ってガントチャートをTracのDBから作る手順:

« TracのチケットをMS-Projectのタスクへ変換しガントチャート/カレンダーを表示 | トップページ | Tracチケットの親子関係について考える »