« TracにXMLRPCで接続するVBAクラスモジュール | トップページ | TracXMLRPC.clsの使い方2 »

2009年5月27日 (水)

一つ前の記事のクラスモジュールを使ってTicketImportPluginに代わるExcelマクロを作る

MS-Project<->Trac連携を作っていると,テストのためのデータを登録するのもすごく大変で,TicketImportPluginを使おうとしたが,チケットタイプが文字化けする等の問題があるので,VBAで作ってみた.といっても,TicketImportPluginに文句言っている人もいないので,VBAの部分をTracXMLRPCの使用例として公開する.かなぁーり汚いコードですが,使い方のサンプルということでお許しを…下の二つのファイルを取り込んで,sheet1のVBAに下のソースを貼り付けると使える.

「TicketEdit.cls」をダウンロード

「MiscModule.bas」をダウンロード

sheet1のVBA

Sub export()
    Dim user As String, pw As String, URL As String, projectName As String
   
    Dim settingSheet As Worksheet
    Set settingSheet = Sheet1
   
    URL = settingSheet.Cells(2, 3).value 'アドレス
    user = settingSheet.Cells(6, 3).value 'アカウント
    pw = settingSheet.Cells(7, 3).value 'パスワード
    projectName = settingSheet.Cells(3, 3).value '開発プロジェクト名

    Dim te As TicketEdit
    Set te = New TicketEdit
   
    te.init URL, projectName, user, pw, "Sheet2"
    te.export
End Sub

Sub check()
    Dim user As String, pw As String, URL As String, projectName As String
   
    Dim settingSheet As Worksheet
    Set settingSheet = Sheet1
   
    URL = settingSheet.Cells(2, 3).value 'アドレス
    user = settingSheet.Cells(6, 3).value 'アカウント
    pw = settingSheet.Cells(7, 3).value 'パスワード
    projectName = settingSheet.Cells(3, 3).value '開発プロジェクト名

    Dim te As TicketEdit
    Set te = New TicketEdit
   
    te.init URL, projectName, user, pw, "Sheet2"
    te.check
End Sub

Sub update()
    Dim user As String, pw As String, URL As String, projectName As String
   
    Dim settingSheet As Worksheet
    Set settingSheet = Sheet1
   
    URL = settingSheet.Cells(2, 3).value 'アドレス
    user = settingSheet.Cells(6, 3).value 'アカウント
    pw = settingSheet.Cells(7, 3).value 'パスワード
    projectName = settingSheet.Cells(3, 3).value '開発プロジェクト名

    Dim te As TicketEdit
    Set te = New TicketEdit
   
    te.init URL, projectName, user, pw, "Sheet2"
    te.update
End Sub

exportして変更箇所をチェックした画面

Ticketedit

URL, user, pw, projectNameはsheet1から持ってきていますが面倒なら次のように直接マクロを変更して設定してください.

    URL = http://localhost/trac"
    user = "admin"
    pw = "admin"
    projectName = "SampleProject"

(ちょっと不親切なので追加しました)

|

« TracにXMLRPCで接続するVBAクラスモジュール | トップページ | TracXMLRPC.clsの使い方2 »

Trac」カテゴリの記事

VBA」カテゴリの記事

Excel」カテゴリの記事

MS-Project」カテゴリの記事

XMLRPC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一つ前の記事のクラスモジュールを使ってTicketImportPluginに代わるExcelマクロを作る:

« TracにXMLRPCで接続するVBAクラスモジュール | トップページ | TracXMLRPC.clsの使い方2 »