« 一つ前の記事のクラスモジュールを使ってTicketImportPluginに代わるExcelマクロを作る | トップページ | TracXMLRPC.clsを使って進捗報告のレポートを作成する例 »

2009年5月27日 (水)

TracXMLRPC.clsの使い方2

TracXMLRPC.clsをインポートして,どこでもいいので次のコードを追加する.testを実行すると,Tracに接続し,マイルストーンの一覧を表示,チケットを追加し,内容を表示し,カスタムフィールドの進捗率を変更するサンプルです.TracXMLRPCにはデバッグのprintが残っているのでわかりにくいですが,イミディエイトに結果が表示されます.

Sub test()
    Dim trac As TracXMLRPC
    Set trac = New TracXMLRPC
    Dim attr As Collection
    Dim ticket As Collection
    Set attr = New Collection
    Dim id As Long
    '初期化
    trac.init "http://localhost/trac", "SampleProject", "admin", "admin"
    'マイルストーンなどのデータはすでにとられている.
    Debug.Print vbCrLf & "マイルストーンを表示する"
    For Each ms In trac.milestone
        Debug.Print "    " & ms.Item("name")
    Next
    '進捗率だけ設定してチケットを追加
    attr.Add "50", "complete"
    id = trac.createTicket("VBAから追加", "詳細は...[[BR]]改行", attr, False)
    Debug.Print "チケット id=" & id & " で追加しました"
   
    '登録したチケットの情報を取得する
    Set ticket = trac.getTicket(CStr(id))
    For Each field In ticket
        Debug.Print field
    Next
    'これだけではわからないのでcompleteをとってみる
    Debug.Print "summary=" & ticket.Item("summary")
    Debug.Print "complete=" & ticket.Item("complete")
    Debug.Print "description=" & ticket.Item("description")
    '進捗率を変更してみる.
    Set attr = New Collection
    attr.Add "100", "complete"
    Set ticket = trac.updateTicket(id, "コメントもつけられる", attr, False)
    Debug.Print "変更された進捗率は " & ticket.Item("complete")
End Sub

|

« 一つ前の記事のクラスモジュールを使ってTicketImportPluginに代わるExcelマクロを作る | トップページ | TracXMLRPC.clsを使って進捗報告のレポートを作成する例 »

Trac」カテゴリの記事

VBA」カテゴリの記事

Excel」カテゴリの記事

XMLRPC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TracXMLRPC.clsの使い方2:

« 一つ前の記事のクラスモジュールを使ってTicketImportPluginに代わるExcelマクロを作る | トップページ | TracXMLRPC.clsを使って進捗報告のレポートを作成する例 »