« 取り込んだTracのチケットをWebページを開くコンテキストメニューを追加する | トップページ | Trac-Outlook連携を使った朝会の準備 »

2010年10月 3日 (日)

PydevでTrac pluginのユニットテストとカバレッジ

pythonがよくわからないままpluginを作り始めてしまい,ちょっと反省してテスト駆動できるようにと調べ始めました.今は通勤時間にシングルコアAtomの超小型PCつかってしか,Trac関連の作業できなくなっていていると,非力なPCでブラウザを起動してのテストは無理なので,unittestの方法をまじめに考えることにしました.unittestはTracLightningに入っているソース中からEnvironmentStubをgrepすると,参考になるものが出てくるので"python setup.py test"でやるところまでは何とかなります.
ただ,そのさきPydevでどうやるかというのがわからなかったんですが,Pydevがテストモジュールを自動で探してくれていることがわかれば簡単だったのと,カバレッジ少しわかりにくいのでまとめておきます.Tracのプラグインをpydevで開発する方法はほかで調べていただくとして,その先の手順です.

まずはunittestのデバッグです.
1. デバッグ設定をします
メニューのRun->Debug Configurations...でダイアログを開く

Pydev1

2. 初期設定をします.

  • 1. Python unittestをダブルクリックして設定を追加する.
    2. プロジェクトを選択する
    3. テストモジュールを選択する
    4. 名前もわかるように変更する
    5. UTF-8で出力する場合は,CommonのEncodingを変更

Pydev2

3. すべてのテストモジュールを一回で実行できるようにする
Main Moduleをtestsパッケージに変更

Pydev3

4. debugを実行
Debug Configurationsダイアログで上で設定したものを選択してDebugボタンをおすと,consoleに実行結果が出力されます.

Pydev4

次は,カバレッジの確認方法です
1. 実行の設定をします.
unittestとほぼ同様に,メニューのRun->Run Configurations...でダイアログを開く

2. 初期設定をします.
unittestとほぼ同様ですが,Python Coverageを追加します

3. すべてのテストモジュールを一回で実行できるようにする
Main Moduleをtestsパッケージに変更

Pydev5

4. runを実行
Run Configurationsダイアログで上で設定したものを選択してRunボタンをおす.
consoleに実行結果が出力されます.

consoleに出力されるものはunittestと違いありません.

5. カバレッジ結果を表示する

1. メニューのWindow->Show View->Code Coverage Viewでビューを開き,
2. Choose Dir!でディレクトリを選択する.
3. 一番上のパッケージを選択する

Pydev6

6. ファイルごとのカバレッジ結果をみる.
注意しなければいけないのはCode Coverage Viewから開いたものしか
表示されません.ファイルを選択してダブルクリックすると
実行していないところは赤い×がつきます.

Pydev7

|

« 取り込んだTracのチケットをWebページを開くコンテキストメニューを追加する | トップページ | Trac-Outlook連携を使った朝会の準備 »

Trac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PydevでTrac pluginのユニットテストとカバレッジ:

« 取り込んだTracのチケットをWebページを開くコンテキストメニューを追加する | トップページ | Trac-Outlook連携を使った朝会の準備 »