« Tracのワークフロープラグインを更新しました。 | トップページ | Shibuya.trac勉強会第11回で発表してきました。 »

2011年4月16日 (土)

TracのワークフローをExcelで作るマクロを更新しました

TracのワークフローをExcelで作るマクロを更新しました。次の記事にある、TracのワークフローをExcelで作るマクロを更新しました。Shibuya.trac勉強会第11回で発表したものをとりあえず貼り付けておきます。

Redmineに負けないようにTracのワークフロープラグインを作る
状態遷移図からTracのワークフローを作るマクロにTracの設定の取り込み機能追加
tracのワークフローをExcelの図で作った状態遷移図から作ってみる

変更点は次のものです。
・各シートにマクロを動作させるボタンを追加した。
正直、Shibuya.tracの勉強会でのデモ用に追加しておきました。自動でコンテキストメニューを表示して選択するということがVBAでは難しかったため。
・今まではどのシートを選択しても表示されていたメニューを、必要なシートでのみ表示させるようにした。
なにを実行すればいいかということが分かりにくいと思ったので変更しました。
・デモ用のマクロを追加した。(未完成です)
ステータスバーとか、デモシートに何をやっているかとか、いろいろ表示されています。ただ、勉強会の直前に作っていたこともあり少し間違っているところもあります。できるだけ近日中に修正しますので、お待ちください。

Demo
TypedTicketWorkflow  対応
ひとつ前の記事でtrac.iniの設定方法をTypedTicketWorkflowと同様な方法に変更したので、取り込みと出力のところを同じように変更しました。
・標準のワークフローのうちで不足していた設定項目に対応しました
set_owner,set_resolution
・次の設定項目でカンマ区切りの情報の取り込みに対応しました
permissions, operations, tickettype, tickettypeexclude, set_owner, set_resolution

ただ、アクションのところのこれらの項目は、Excelの入力規則で複数選択というのはできないので、複数選択するには入力規則を無効にして、手で設定する必要があります。

「TracWorkFlow110416.zip」をダウンロード

|

« Tracのワークフロープラグインを更新しました。 | トップページ | Shibuya.trac勉強会第11回で発表してきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TracのワークフローをExcelで作るマクロを更新しました:

» Shibuya.trac勉強会第11回で発表してきました。 [いつまでもとりあえず]
Shibuya.trac勉強会第11回で”ワークフローをプラグインで拡張しExc [続きを読む]

受信: 2011年4月16日 (土) 19時11分

« Tracのワークフロープラグインを更新しました。 | トップページ | Shibuya.trac勉強会第11回で発表してきました。 »